Pocket

格安!!一人旅2泊3日台湾に行ってきた!!小龍包に足つぼ盛りだくさん ー2015年11月ーその17

 

夜の行天宮で台湾人と同じように祈願してみた!!

DSC00676

夜の行天宮にやってまいりました。

三国志の関羽が祭られている商売繁盛祈願で有名な寺院。老若男女を問わず、台湾の人々はとても信仰心が厚い。

多くの人が連日訪れて熱心に参拝していく。そんな地元の人たちに交じりながら台北でも特にご利益があるこの寺院を参拝してまいりました。

 

【スポンサーリンク】

 

信仰厚い寺廟で商売繁盛を祈願

DSC00673

夜の行天宮に向かっています。商売繁盛祈願で有名な寺院の行天宮。

自分は、お店を経営してるわけではありませんが、仕事運UPを祈願しに参りました。

 

DSC00674

行天宮の入り口です。

この時ちょっと雨が降っていましたが、たくさんの人でにぎわっていました。

 

DSC00675

早速、中に入ると、赤い屋根が印象的な建物が・・・

 

DSC00676

夜なのでさらに神秘的です。

 

DSC00677

正面の門は閉ざさているので、両脇の入り口から中へ。

 

DSC00678

境内に入ると・・・

 

DSC00679

たくさんの人が参拝しています。

 

DSC00680

でも、参拝の仕方がわからない・・・

 

DSC00681

おーっと!!ここに参拝の仕方が書いてあるぞ!!

 

DSC00684

男性と女性では参拝の仕方がちょっと異なるみたいだ。

1、赤い台の前に立って胸の前で手を合わせる。

2、台にひざを載せる。

3、上体を倒して、男性は手のひらを下に、女性を手のひらを上にしておじぎをする。

これを3回繰り返す。 

 

DSC00682

参拝には順序もあるようだ。①の天公、②の關聖帝君、③の關聖太子平、④の周倉恩師と順番に参拝。

 

DSC00685

最初は①の天公・・

 

DSC00686

続いて・・

 

DSC00695

②の關聖帝君。真ん中が三国志で有名な関羽。真っ赤な顔と、黒くて長いヒゲが印象的ですね。

 

DSC00694

③の關聖太子平

 

DSC00696④の周倉恩師

 

DSC00687

皆さん熱心に祈願しています。
DSC00693

青い法衣を着ている女性たちがいますよ!!

 

DSC00692

この方たちが収驚というお払いをしてくれます。

収驚とは、人は何かに驚いたり、ショックを受けると魂が抜けてしまうことがあり、そのまま気づかず生活していると体が弱ってしまうのでこのお払いで魂を戻すことができるというわけ。

ちょっと最近、魂が抜けてしまったのではないかと心配な方は、お払いをしてもらおう!!自分の名前を伝えるだけと気軽に受けられる。

(収驚は無料。11:20~21:00まで。行事等によって変動あり)

 

DSC00697

人が増えてきました。

 

DSC00699

これはおみくじ。

やり方は龍山寺と一緒のなので、知りたい方はこちらの記事をどうぞ!!⇒一泊二日で台湾に行ってきた!!2015年1月一人旅 小龍包に足つぼマッサージなど盛りだくさん!!⑫現地2日目 

 

DSC00700

さあ、自分も祈願しなくては。仕事運がUPしますように!!金運も上がりますように!!!

 

DSC00702

ここに来て、なんだかとても清々しい気持ちに!!抜けた魂が戻って来たかな?

 

 

施   設: 行天宮
住     所: 台北市中山區民權東路二段109號
時       間: 朝4時~22時30分

台北市中山區民權東路二段109號

 

台湾旅行の情報が集まった日本ブログ村はこちら

台湾旅行に関する情報は人気ブログランキングへ

図4

ー次は小龍包の名店、鼎樓(ジンディンロウ)へー

後回しにしている買い物はありませんか?

Pocket