Pocket

格安!!一人旅2泊3日台湾に行ってきた!!小龍包に足つぼ盛りだくさん ー2015年11月ーその11

 

足湯を堪能した後に地熱谷へ

2015-11-25 13.07.32

無料の足湯を堪能した後に、地熱谷へ向かいます。

北投温泉の源泉となる地熱谷。

水面を舞い踊る湯煙は、そのおどろおどろしい景観から地獄谷とも呼ばれています。

 

【スポンサーリンク】

 

地熱谷を目指して

DSC00536

一旦駅に戻って、今度は東方向にある地熱谷を目指します。

地熱谷までは緩やかな上り坂がつづきます。

 

DSC00540

川のせせらぎが聞こえますが、この川は地熱谷から流れてきたお湯です。

 

DSC00537

途中、お店の前にたくさんの人の列が・・・

温泉ラーメンのお店みたいですね。

 

DSC00538

北投名物みたいです。

 

DSC00539

大きなホテルもたくさん点在しています。

このホテル、北投ホット スプリング リゾート (北投天玥泉會館)は、日帰り入浴もできますよ。

 

11767915_48_z

北投ホット スプリング リゾート (北投天玥泉會館)

日帰り入浴料:大人一人、平日520元、土日休日は680元。

営業時間は日~木 9時から22時、金土 9時から23時。

 

DSC00543

ホテルの隣にはこんな施設も。

 

DSC00542

美術館みたいなところかな?

 

DSC00546

博物館もあります。

 

DSC00547

この北投温泉博物館は1913年に建てられた建物。

北投温泉公共浴場として利用されていましたが今は博物館として利用。

当時は東南アジア最大の温泉浴場だったんですって!!

営業時間 9時から17時
入館料:無料
定休日:月曜日

 

DSC00548

先に行きます。

緩やかな坂はまだまだ続きます。

 

DSC00549

地熱谷はまだかな?

 

DSC00550

まだ400メートル先ですね。

 

DSC00551

先に進むと、あっ!!公共露天風呂の看板が・・・

 

DSC00552

地熱谷に行った帰りに寄る予定の露天風呂の施設です。

男女共用の露天風呂なので水着がないとは入れません。

 

d2508ee0dd000a2ba52609ac099fed43_s

あっ!!!そういえば・・・

 

a3b35baae5061bb6cb53705649807361_s

水着を持ってくるのを忘れてしまいました・・・

このままでは、楽しみにしていた露天風呂には入れません。

さあ、どうする?

 

DSC00555

どこかで、水着を買わないと。売っているお店あるかな?

 

DSC00557

店を探しているうちに、地熱谷の看板が・・・

 

DSC00558

見えてきました。

 

DSC00559

この周辺にはお店が何件かあります。でも水着売ってるかな?

 

DSC00560

なんかこのお店に置いてありそうな気が・・・

 

DSC00561

ワンちゃんがお店で番をしています。

 

DSC00562

とても人なつっこいワンちゃん。

 

DSC00564

ワンちゃんが見上げた方向を見ると・・

 

DSC00565

看板になんか水着のことが書いてあるぞ!!

 

2015-11-25 13.02.19

水着を買うことができました。

これでほっと一安心。350元で買うことができました。1400円くらいか。

無駄な出費ですが、しょうがありません。

 

2015-11-25 13.07.32

地熱谷の入り口に到着です。

 

DSC00566

地熱谷はもう目の前です。

 

DSC00570

やっと到着しました!!

 

DSC00571

湯気がすごい!!!

水温はなんと90~100℃。

 

DSC00572

エメラルドグリーンの、煮えたぎったお湯は、大地の息吹を感じさせますね。

 

DSC00573

みんなこの幻想的な風景をとても楽しんでいます。

 

DSC00576

この後は念願の露天風呂です。

台湾の露天風呂ってなんだかとても楽しみ!!!

施 設 名: 地熱谷
住   所: 台北市北投区温泉路
時     間: 9:00~17:00
定 休 日:   月曜日

台北市北投区温泉路

 

台湾旅行の情報が集まった日本ブログ村はこちら

台湾旅行に関する情報は人気ブログランキングへ

図4

-その12へ続くー

 

後回しにしている買い物はありませんか?

Pocket