Pocket

台湾に行くならツアーと個人旅行、どっちがお得?

air

旅行を計画する際に、個人手配旅行とパックツアーってどちらがいいの?

必ずぶち当たるそんな疑問にお答えします!!

【スポンサーリンク】

みんなが旅行に行く時期は、個人旅行のほうが安い場合が多い!

 

図1

年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなどの旅行の需要が高いハイシーズンは、パックツアーより個人手配旅行のほうが価格の変動が安定しているので、個人旅行を検討するのがベスト!!

現地での自己責任という不安もあるが、台湾は親日で治安も良いので、海外旅行に慣れている人には好都合!!

オフシーズンに旅行ができる人はパックツアーを検討しよう!閑散期なら料金設定が低いので、個人旅行より安い場合が多い。

 

パックツアーと個人旅行の比較・・ハイシーズンの場合

 

図5

↑の商品はある旅行会社のパックツアー。2015年8月12日出発、成田発台北3日間の航空券とホテルのセット商品です。

利用航空会社はチャイナエアライン、ホテルはインペリアル台北に泊まる自由旅行。

2015年5月現在、料金は2名1室大人一人あたり86,800円(諸税等別途必要・燃油サーチャージ込み)と記載されています。

 

図16

↑は料金の内訳です。空港使用料・現地税を含めると2名で182,820円となります。1名あたりにすると91,410円です。

ハイシーズンの割には安いツアーですが、WEB申込み限定かつ、早期割引も関係して大変安いツアーとなっています。

できるだけ同条件で個人手配旅行と比較してみましょう。

 

航空券を安く探すならスカイスキャナーが便利!!

 

図7

いつも安い航空券を探すときに、重宝している航空券予約比較サイト「スカイスキャナー」!!

このサイトを利用すれば世界のほぼ全区間の検索が日本語で検索可能な優れもの。

LCCを含めた航空会社を横断的に検索できるし、検索したプランを取り扱っている旅行会社などに直接飛んでチケットが購入できる。

さらに、通常発生する手数料も発生しない。

販売する旅行会社などがスカイスキャナーに紹介料を払っているのでユーザーの負担もなし。

本当に便利なサイトです。また、アプリもあるので、スマホでサクサク検索できる!!

 

図6

↑は先ほど紹介したパックツアーのスケジュール表です。

飛行機は往路がチャイナエアラインのCI107便(9:25頃発)、復路がCI106便(16:10頃発)になっています。

スカイスキャナーでこの航空券を検索してみましょう!!

 

図9

↑スカイスキャナーの検索結果です。54,160円(大人1名)と表示されています。

直接販売している旅行会社のサイトにアクセスして料金の詳細を確認してみましょう。

 

図10

↑は直接販売している旅行会社のサイトになります。

料金の注意書きに出国税の他・空港使用料・燃油サーチャージ含むと記載されています。

手配手数料も0円です。

 

ホテルを探すならエクスぺディアかHotels.com

 

図11

ホテル予約サイトはたくさんありますが、必ずチェックしてほしいのがエクスペディア

マイクロソフトから独立した世界最大のオンライン旅行会社で、世界3万都市, 29万軒以上のホテルをリアルタイム空室検索が可能。

他サイトより1円でも高ければ「差額+1000円」ご返金する「最低価格保証サービス」にて、世界中の人気ホテルを、どのサイトよりもおトクに予約できます。

また、Hotels.comも要チェック!!

エクスペディアの子会社で、料金もエクスペディアと同じですが、”Welcome Rewards”というマークが入っている成果対象のホテルを通算で10泊すれば、世界中の 100,000以上のホテルで利用可能な1泊無料宿泊をゲットできる。

宿泊日の制限もないのでゴールデンウィーク、夏休み、年末年始も利用可能。

“Welcome Rewards”の対象ホテルは、海外だけでなく国内のホテルも成果対象なので、宿泊機会が多い人にはおすすめ!!

 

図15

↑はエクスペディアで検索した2015年8月12日から2泊した場合のインペリアルホテル台北の宿泊代金。

この料金は、1室2泊の料金だから、1名あたり16,858円!!

それでは、ツアー代金と個人手配旅行の金額を比較してみましょう。

 

図17

なんと、ハイシーズンの場合、個人旅行のほうが20,392円も安い結果となりました。

しかし、個人旅行の場合、市内観光と往復の送迎がありませんので、その辺も考慮すると、市内観光をオプショナルツアーとして手配した場合、約5,000円ほど。

送迎の代わりに、桃園空港から台北市内まで高速バスに乗った場合、バス代金が片道125元(約500円)なので、それでも個人旅行のほうが断然安い。

 

 パックツアーと個人旅行の比較・・オフシーズンの場合

 

図18

↑は旅行比較サイトTravel.jpで検索して見つけた安い台北3日間のツアー。

2015年5月19日出発のLCCバニラエアで行くツアーで料金が総額1人あたり27,690円という破格の値段!!

燃油、空港使用料、海外諸税が含まれていて、もちろん空港送迎付きだが、さらに朝食付き!!

泊まるホテルは選べないツアーだが本当に安い。

バニラエアの公式サイトで同じ便で検索したら、1人往復で31,340円。

航空券だけで、ツアー代金の総額を超えてしまいました。

このツアー代金に1人1500円プラスすると、パラダイスホテルを指定できますが、パラダイスホテルを個人手配で料金を調べた結果、最安で8,436円。

比較すると、個人旅行のほうが1万円くらい高い結果となりました。

旅行する時期によってツアーと個人旅行では、値段に差があることを理解頂けたかと思います。

ぜひ参考になさってください。

まとめ

 

図19

個人旅行の場合、空港ホテル間の往復送迎がないため、初めての方は不安に感じるかもしれませんが、桃園空港から台北駅まで高速バスがあります。

台北駅からホテルまでは、MRTかタクシーに乗れば簡単にホテルまでたどりつけます。

桃園空港から台北駅までの高速バスの乗り方

タクシーの乗車方法

台北駅から桃園空港までの高速バス乗車場所

ツアーの送迎は大変便利ですが、利用者に応じて泊まるホテルが違うため、順番に回っていきます。よって自分の宿泊先のホテルまで大変時間がかかります。

また、免税店への立ち寄りがあるため、現地での自由時間が少なくなります。

その点を考慮して、計画を立ててください。

台湾旅行の情報が集まった日本ブログ村はこちら

台湾旅行に関する情報は人気ブログランキングへ

図2 台湾へ行こう!JALパックおすすめツアー
おトクにかしこく旅しよう!「女子旅★海外」
JTBの初売り 福春セール!
【JTB海外ツアーSALE!】燃油サーチャージ込みでこの価格!ご予約はお早めに
H.I.S. 台湾ツアー

後回しにしている買い物はありませんか?

Pocket